静岡県の子育て情報、子育て支援ポータルサイト

ふじさんっこ子育てナビ
文字サイズの変更
色の変更
  • 標準の背景色にする
  • 背景色を青色にする
  • 背景色を黄色にする
  • 背景色を黒色にする
トップページ > 県の取組 > 第6回 “あいのうた”~出会いから子育てまでの短歌コンテスト~(令和元年度)

817


 静岡県では、短歌を詠み、また詠まれた短歌に触れることで、県民一人ひとりが、恋人や配偶者、子どもや親との信頼関係を築くことの喜びやそのかけがえのなさに気づき、大切にする気持ちを育んでもらおうと、「あいのうた~出会いから子育てまでの短歌コンテスト~」を開催します。


~第6回「あいのうた短歌コンテスト」概要~
項 目 項 目
募集期間令和元年8月1日(木)~9月30日(月)まで
募集部門一般の部、ジュニアの部(高校生に相当する年齢以下)
応募資格どなたでもご応募いただけます。
応募方法 郵便、FAX又は、専用HPから受け付けます。詳しくは専用HPをご覧いただくか、あいのうた事務局までお問い合せください。〔専用HP〕 https://www.ainoutatanka.jp
審査員俵 万智氏(歌人)、田中 章義氏(歌人)
選 賞
(予定)
 《最優秀賞》 各部門1作品 《優秀賞》各部門2作品
《審査員特別賞》各部門2作品《入選》各部門15作品

 <表彰式>
 受賞された方は、表彰式にご招待いたします。
日 時:令和元年3月7日(土)13:30~
場 所:静岡県庁別館21階 展望ロビー
出席者:俵 万智氏(歌人)、田中 章義氏(歌人)

短歌コンテストのチラシはこちら


※これまでの短歌コンテスト受賞作品はこちら


“あいのうた”短歌教室<静岡県立大学公開講座>


静岡県立大学公開講座で、“あいのうた”短歌教室を開催しました。

内容は、”あいのうた”をテーマとした短歌づくりをはじめ、静岡で詠まれた著名な歌人の作品を紹介しました。


日 時:令和元年8月7日(水)14時40分~16時10分

場 所:静岡県立大学草薙キャンパス 国際関係学部棟 3316講義室

講 師:田中 章義氏(歌人)


“あいのうた”短歌教室<静岡県立大学公開講座>のチラシはこちら



 818
“あいのうた”短歌教室<静岡県立大学公開講座>の様子



“あいのうた”短歌教室


県内5か所の高校において、歌人の田中章義先生が短歌の詠み方を教えてくださいました。



開催校 日 時短歌教室の様子/高校生からの感想 
浜名高校(浜松市)令和元年7月9日(火)  812
・今まで短歌はもっと堅苦しいものだと思っていました。しかし、紹介してくださった短歌はどれも会話のようで生き生きしていました。僕も生活の中での一瞬を表現できるような想像 力と表現力を働かせて作ってみようと思います。・ 一番印象に残ったことは、自分らしく詠むということです。他の人とかぶらないように意識するというより、自分が思ったこと、感じたことを意のままにうたうことが何よりも大切で あり、よい作品になるということが分かりました。

 科学技術高校

(静岡市)

 令和元年7月12日(金) 814
・静岡は意外と短歌とかかわりの深い土地であることに驚いた。自分もよく知っている有名な武将もこの地で短歌を詠んでいると思うと、少し自分も歌を作りたいと思った。・ 私が思ったのは、短歌を詠むという行為自体が、自分が思っている以上に日本人に根付いているのだなあということです。昔の戦国の英雄たちから、大好きだった童話作家まで幅広いジャンルの人々、そして今を生きる学生や若者たちにもこの文化が定着しているところに、あの短い文が織りなす魅力を感じました。

 静岡県

富士見高校(富士市)

 令和元年7月12日(金) 811
・今まで短歌について深く考えたことが無かったのですが、古来から日本人は心(感情)を短歌で表現していて、大事な日本の文化なのだということを改めて実感することができました。 田中先生が、穴埋めクイズで絶対正解だというものはない、とおっしゃっていて、短歌で自分の気持ちを自由に表現できるのはとてもすばらしいことだと思いました。
静岡中央高校(静岡市)令和元年7月25日(木) 815
・今の時代、短歌で自分の思いを伝えることなどないので、今日の授業を受けて、色々な言葉での伝え方があるんだなと思いました。「あい」というタイトルでもたくさんの「あい」があるんだと何故か自分も嬉しくなりました。・ 普段、短歌をイメージすることがなかったのですが、目に映る風景や物、自分自身の心象を、簡潔にまとめられて、他の人と共有したり、文字として残しておけるのが、とても良いなと 感じました。
伊東高校城ヶ崎分校(伊東市)令和元年9月6日(金) 813
・田中先生の言葉の引き出しが多くて話を聞いていて楽しかったです。城高の校歌の作詞者が天皇と関わりがあるとは思いませんでした。統合の話はありますが、校歌も大切に残していくべきだと感じました。誰でも思いつくような言葉ではなく、自分の個性ある自分らしい言葉を大切にして短歌を詠んでみたいと思いました。


“あいのうた”受賞作品展示会 


幅広い世代へ短歌コンテストへの応募促進を図るため、過去5回の受賞作品を展示する“あいのうた”受賞作品展示会を開催しました。



開催場所 展示期間
静岡県庁別館21階展望ロビー令和元年8月30日(金)~9月12日(木)

  

 816
あいのうた受賞作品展示会の様子(静岡県庁別館21階展望ロビー)



お問い合わせ先


あいのうた事務局
〒420-0857 静岡市葵区御幸町8-1(株式会社東海道シグマ内)
TEL/054-272-0206(受付時間:平日10時~17時)
FAX/054-252-3001